横浜市歯科医師会

登録医療機関

登録医療機関

糖尿病医科歯科連携登録医療機関

糖尿病があると、免疫機能の低下や血流の悪化、唾液の減少などのため歯周病になりやすく、歯周病はインスリン作用を阻害するため糖尿病の悪化につながりやすいとされます。これらを踏まえ、横浜市医師会と横浜市歯科医師会が協定を締結し、連携して患者の治療にあたる取組みが進められています。

詳細はこちら

周術期連携歯科医院

がん治療や全身麻酔を必要とする手術等において、手術前後(周術期)の口腔ケアが、誤嚥性肺炎の予防や入院日数の短縮など、手術後の回復に好影響を与えるという研究結果から、手術を行う病院の担当医と、周術期の口腔ケアを担当する地域のかかりつけ歯科医の連携を広め、周術期の患者の体調回復を進めます。

詳細はこちら

在宅訪問歯科診療

体が不自由であったり、介護が必要となっているなど通院が困難な方のために、歯科医師がご自宅にお伺いして治療を行います。できるだけお近くの横浜市歯科医師会会員の先生の中からご紹介しますが、いらっしゃらない場合は、横浜市歯科医師会訪問歯科担当の先生がお伺いします。

詳細はこちら

障がい者歯科診療

一般の歯科医院では対応が困難な心身障害児・者の歯科治療を、横浜市歯科保健医療センター及び横浜市歯科医師会に所属している歯科診療所(心身障害児・者歯科診療協力医療機関)の協力を得て実施しています。

詳細はこちら